2008年03月12日

たんかんといよかんシロップ(旧)

すっかり春めいてきました。
朝晩こそまだ冷えますが、
日差しが柔らかく、ぽかぽか・・・と感じます。
もう、セーターも黒いコートもしまいたくなりました。


お菓子作り、試作の合間に・・・・

もう、

カキ氷のシロップも作っています。

つぶつぶのいちごのシロップはもちろん、
マーマレードやピール(かんきつ類の皮の砂糖煮)と並行に、
たんかんといよかんのシロップも。


「たんかん」は、
甘くてジューシー。
みかけからの想像をずっと超えておいしく、
すっかりお気に入りです。
このたんかんは、ポンカンと中国最南端地方の自生みかんが交配してできたのがはじまりです。
カフェで使用しているのは喜界島の無農薬栽培のものです。
東京から三島を経て喜界島に渡った彼に訊いたところ、
三島で、みしらず柿があたりまえのように植わってあるのと同様、
喜界島のあちこちにたんかんの木があるそうです。
当たり前すぎて、
加工するなんて考えもしないとのこと。

無農薬栽培は、気候に影響を受けやすく、
この冬は、収穫量がとても少なく貴重なものになりました。

そこで、
いよかんの力を借りました。
こちらも、無農薬栽培。
四国の福岡正信さんが作っているものです。

いよかんの程よい酸味が、
たんかんの甘みと合わさって、
なかなかおいしいシロップができました。

瓶詰めして、
殺菌して、
夏までお休みさせます。




マーマレードとピールは、
今月のおやつ便で活躍します。


こちらも今年はよいできです。



お菓子作りがまた楽しくなりました。
posted by 空色cafe. at 20:00| 素材のこと