2011年12月10日

クリスマスケーキとクリスマスの準備(旧)

今朝は、10cmほど積雪がありました。
昨日、降っていたのですね。
師走で猛ダッシュ中なので、
一歩も家の外に出ないで工房にこもりっきりの日もあります。
ついつい、外の様子も分からないで過ごしています。

積雪はありましたが、
まだ地温が下がっていないので、
道路の凍結はないし、
あっという間に消えていきます。


先週、まんま〜じゃさんで、
クリスマスケーキやお菓子の予約販売をさせていただきました。
今年も、12月18日までご予約承り中です。

内容はこんな感じです。

クリスマスケーキ

 今年もクリスマスケーキを作ります。予約受付中です。

・「白いブッシュドノエル」いちごのムース入りのロールケーキです。
・「モンブランのブッシュドノエル」自家製栗の渋皮煮を使います。
・「ベラベッカ

定番のケーキもおめかしします。
・「とろけるショコラ
・「森の宝石箱
・「小さな町のチーズケーキ

マクロビオティック対応(乳製品・卵・白砂糖不使用)のケーキもございます。
・「しあわせショコラ
・「ごちそうクグロフ

それぞれ家族サイズです。
シンプルでちょっと贅沢なおいしさです。
18日までご予約受付します。



そして、
ツーデイカフェの、準備着々と進んでいます。
頭の中は、フィンランドのことでいっぱい。
(ちょっと前までは、イタリアのことでいっぱい。)

20111210ピパルカック

フィンランドのクリスマスのお菓子「ピパルカック」です。
スパイスがたっぷり入ったコクのあるクッキーで、
やみつきになりそうな味わいです。

毎年、この時期はスパイスクッキーを作っていますが、
今回は、ツーデイカフェのテーマにそって、
フィンランドのレシピで作りました。

いやーこんなにスパイスを入れるのですか???
というくらい入れるのですが、
あらら、かなり食べやすくて、
私は完全にはまってしまっています。

冬の定番のお菓子に昇格しそうです。

フィンランドでは、
このクッキーにクセのあるチーズ(ブルーチーズなど)をのせて、
「グロッギ」と呼ばれる(これまたたっぷりスパイスを使う!)ホットワインを楽しむそうです。


今日は、買出しでカフェの飾り付けようのアイテムを買ってきました。
そして、先日は、フィンランドのアンティークのスープ皿や、織物、クリスマスオーナメントを取り寄せました。

気分は、かなり盛り上がってきています!

このお取り寄せは、
北欧のアンティーク雑貨とハンドクラフトのお店「カスパイッカ」さんから。
フィンランド料理をネットで検索中に見つけて、
ひとめぼれしてしまいました。

「ひとめぼれ」のあとに分かったのですが、
店主の小野さんは、現在フィンランド在住ですが、
福島県出身とのこともあり、
震災後、いち早く乳児へのミルク支援などをなさってくださっていて、
とても感謝しています。

いろいろ今回のクリスマスカフェメニューのアドバイスもいただいて、
力になっています。

後は、
私が張り切りしすぎないことを願っています(笑)。



明日は、シュトレンを焼きます。
リクエストがあったので、
おやつ便の方々に送りたいと思っています。
かなり贅沢な内容なので、
我ながらびっくりしています。


また、明日も師走です・・・。
posted by 空色cafe. at 20:00| お菓子工房