2012年04月25日

太陽の唄に育まれたお菓子(旧)

今朝は、八重咲きのスイセンが咲き始めました。

お菓子を取り扱っていただいている「直売所なごみ」さんは、
本日より再オープンです。
道の駅「尾瀬街道みしま宿」のお隣のかわいらしい小屋です。
毎週木曜定休。
9時〜15時過ぎごろまで。
空色cafe.のお菓子をセレクトして置いてもらっています。
また、カレーや日替わりのお惣菜(バイキング形式)の食事も取れます。
季節の地物のお野菜の他、
編み組工芸品や西会津の張子、山菜加工品などもあります。
お近くにいらっしゃられた時は、ぜひお寄りくださいませ。



タイトルの
「太陽の唄に育まれたお菓子」について。

空色cafe.のお菓子工房では、
ソーラー発電システムを導入しています。

豪雪地域&日照時間の短い山間部という、
まったくソーラー発電に向いていないところではあります。
豪雪地域なので水は豊富ですが、
水利権の発生する水力発電は個人で導入は難しいところ。
風力も、難がありすぎるということで、
無理なくできる範囲でソーラー発電を選びました。

電気に詳しい夫にすべてお任せしています。
小さなソーラーパネル(最大50W )とコントローラーは購入して、
あとは我が家にある(夫のコレクション?)部品を集めて組み立てています。

昨年秋からしばらくは、工房の換気扇につないで使っていました。
今春からは、CDプレーヤーにつないでいます。
換気扇だと、最長で一日2時間弱しか使えませんが、
CDプレーヤーだと、日中通して使えています。


ということで、
ソーラー発電で生まれた電気でCDプレーヤーを動かして、
音楽を聴きながらお菓子を作ることができるようになりました!

ということで、
「太陽の唄に育まれたお菓子」
なのです。


電気代の節約か・・・?というと、
半年ぐらい動かしていて、
東北電力の電気代に換算しても数十円にしかなりませんが、
気持ちはうぅんといいのです。
そして、
この1年ぐらい、前年比2割減電気の使用量を減らすことができています。
ほんの少しの工夫だけで。


大自然に包まれた奥会津に暮らすものとして、
自然とともに生きていきたい。
そんな気持ちがお菓子に込められています。
posted by 空色cafe. at 20:00| お菓子工房