2014年02月06日

【素材のこと】いよかんピールづくり(旧)

冷え込む日が続きます。
ガンガンストーブ焚いても、
室温が上がりません。

ですが、小さな小さなお菓子工房は、
お菓子作りをはじめると、
熱気であっという間に暖かくなります。

今月はイベントへの参加もあって、
のんびりする時間もあまりなく、
お菓子作りに励んでいます。

その合間に、大切な素材作り。
どーんと20kgのいよかんを、せっせといよかんピールに仕立てました。

20140206いよかんピール

無農薬栽培のいよかんは、
果汁は手絞り。
皮はほどよく苦味をのこして柔らかく下煮。

控えめのてんさい糖で煮含めて、
低温でセミドライにして完成。

さらっと書きましたが、10kgずつ3日はかかる工程です。

もしかしたら、買ったほうが安いのかも・・・と思うこともありますが、
無漂白で白いお砂糖を使わずに作られたものってなかなかみつからないし、
せっかくいいいよかんなんだからしっかり香りと味が残る素材であって欲しいし、
自分が納得した材料で素材を揃えることができるのは大切だし・・・
と、作り続けています。

さて20kgのいよかんから、約9kgのいよかんピールが出来ました。
森の宝石箱(フルーツケーキ)やフルーツバーの材料になります。
でも、これでは1年分に足りなくなってきたので、
今年はあと10kgのいよかんで追加製造します。



ところで、
このピールづくりはどうしても、
「皮」がメインなので果実があまり気味です。
(果汁も使って煮るのですけど、それでも結構残るのです。)
いつもは、ジュースにしてごくごく飲んでいましたが、
今年は、無糖ジャムに加工してみています。
にしやまブルーベリー園さんのブルーベリーをいくらか冷凍しておいたので、
それといよかんの果実、りんごの果汁でさっと煮てみると・・・、
結構いい感じ。
早速瓶詰めしてみました。
いよかんとドライあんずの組合せもgood!
おまけの美味しさを、もうちょっと楽しんでみたいと思います。
posted by 空色cafe. at 20:00| 素材のこと