2014年12月02日

もうひとつのシュトレン 奇跡のりんごを包みました。

奇跡が2度も起こりました。

まさか、手にすることがあるとは思っていなかった
木村秋則さんの紅玉が手に入ってから数週間後、
(ようやく興奮が落ち着いてきた頃)
再び、わが家に木村さんのりんごが届きました。

web木村さんのりんごハックナイン.JPG

小柄の紅玉に比べると、
倍以上のの大きさのハックナイン。
こちらは果汁がじゅんわり出てくるようなタイプです。

紅玉は、
シュトレンの酵母に使いましたが、
こちらは、
もう、
果実を使ってお菓子をお届けしたい。

そして思いついたのが、
りんごのシュトレン。

生地は、森姫農園のリンゴジュースで練り上げました。
ドライフルーツたちは、リンゴのブランデー「カルヴァドス」で香り付けしました。
スパイスは、リンゴに相性のいいバニラとシナモンを強めにしました。

そしてハックナインは、
8つ割にして、
ごく少量の有機砂糖でマリネ、
低温でセミドライにして、
おいしさを濃縮させました。

webシュトレン物語木村さんのリンゴを包む.JPG

生地の真ん中にやさしく包んで、
焼き上げました。


リンゴジュースで練り上げた生地は、
元気もりもり。
香りは、
優しさあふれるものに仕上がりました。




ごめんなさい。
こちらのシュトレンは、
限定8個です。
大き目のリンゴでしたが、
8つしか作れませんでした。

あまりにも少ないので、
取扱店での販売はありません。

インターネットのみで販売します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「りんごのシュトレン」 ホール  ¥3780-

 醗酵バター、有機スパイス、有機レーズン2種、自家製の柑橘ピール、香り付けのカルヴァドスを使った深みのある生地で、木村さんのりんごハックナインのセミドライを包みました。
 空色cafe.のお菓子らしく、ひと口ひと口に素材の味わい感じられるように仕上がりました。
 今年は、木村秋則さんの奇跡のりんごで酵母を起こしました!

 8個限定です。

 クリスマスを待つ期間、少しずつスライスしてお楽しみください。
 一口ごとにスパイスと発酵バターの華やかな香りが広がります。

※1個 450g以上
※賞味期限 製造日より1ヶ月以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自家製の有機栗渋皮煮を包んだシュトレン物語はこちらです。

posted by 空色cafe. at 20:25| Comment(0) | 特別なお菓子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: