2015年12月21日

シュトレン2015物語

2015年のシュトレンの製造も終盤を迎えています。
追加の注文を頂いてまた焼いたところです。

覚え書として少し書きますね。

一年に一度の、
大切なお菓子として緊張感いっぱいで作ります。

2015シュトレン.jpg


空色cafe.のシュトレンは、
本場ドイツのレシピを基本に作っています。

中に混ぜ込むドライフルーツは、
基本の3種類。
有機レーズン、有機サルタナレーズン、自家製の無農薬栽培柑橘ピール。

2015年は洋酒ではなく日本酒にひと晩漬けて、
香りと旨みを移しました。
選んだ日本酒は、会津坂下町曙酒造の「天明 HOMURA 山廃仕込」
フレッシュでフルーティで華やかな香りがする生酒です。
ドライフルーツとの相性抜群。

シュトレン2015homura.jpg

酵母は、
日本酒つながりで、絞りたての酒粕(曙酒造さんで統一)から起こしました。
生地には、北海道産の小麦粉、
オリジナルブレンドの有機スパイス、
シシリー島のオーガニックアーモンドプードル、
素精糖、
国産の発酵バター、娘のためのたまごを使います。

極々、上品な香りで作りたいので、
発酵バターは、カルピスまたは高千穂を使っています。


シュトレン2015スパイス.jpg
(オーガニックスパイスたち)

シュトレン2015娘のためのた.jpg
(娘のためのたまご)

やますけ農園「娘のためのたまご」は1つ100円と高価なのですが、
その価値がある本物の卵です。
ごちそうとして大切に頂くものと思っています。

これらを入れた生地を練って、
発酵バターと黒糖酒の香りを移したドライフルーツを混ぜ込んで、
じっくり発酵させていきます。

シュトレン物語 具沢山web.JPG
(生地の量と具の量が同じ位!入れすぎでしょうか。)

この時点でもう、
幸せな優雅な香りに満たされています。
うっとり酔いしれています。

webシュトレン物語一次発酵前.JPG

ドライイーストではないので、
じっくりじっくり。

webシュトレン物語一次発酵終了.JPG

1.5倍ほどに膨れたでしょうか。

ふわんふわんになった生地を分割して、
整形していきます。

シュトレン2015成形.jpg

テーマが「会津のいいもの入れました」
なので、自家製マジパン(中央の棒状のもの)に
西会津産山くるみ、奥会津産栃はちみつを使っています。
それをやさしくやさしく、
生まれたてのわが子を包むようにくるんでいきます。

シュトレン2015栃はちみつ.jpg
(信頼できる品質の松本養蜂総本場のはちみつ)

シュトレン2015山くるみ.jpg
(山のくるみで会津らしい山の味、野性味をプラス)

webシュトレン物語二次発酵前.JPG

空色cafe.では小さなオーブンを使っていることもあって、
パウンド型に入れて焼きます。
もちろん型に塗るバターも、
発酵バター。

ひとまわり大きくなったところで、
オーブンで焼成します。

webシュトレン物語焼成後.JPG

おいしそうな小麦色に焼きあがったら、

webシュトレン物語発酵溶かしバター.JPG

溶かした発酵バターのプールに入れて
全体をコーティングします。

webシュトレン物語溶かしバター包み.JPG

つやつやさん。
これでさらに香りよく、
しっとりしていきます。

webシュトレン物語1度目のお化粧.JPG

余分なバターを落としたら、
有機砂糖をまぶしていきます。
1回目のお化粧です。
少し生成り色がかったおくるみです。

webシュトレン物語2度目のお化粧.JPG

しっかり冷めたら、
2回目のお化粧。
粉糖でふんわり真っ白になります。

シュトレン2015完成.jpg

仕上げにもう一度粉糖をまぶして完成です。


スパイスやドライフルーツがなじんで、
さらにおくるみの発酵バターや砂糖でしっとりするのを待って・・・、
焼き上げてから食べごろまでにさらに10日ぐらい。

長い長い工程を経てお届けになります。


空色cafe.のシュトレンは、
ふんわりこんもり・・・パンのお菓子ではなくて、
具沢山のフルーツケーキのようなビスケットのようなそんな感じの仕上がりです。

あれ?他のシュトレンより小さめかな?

ふんわりしていない分、詰まっています。



薄くスライスして、少しずつお召し上がり下さい。

クリスマスを待つ毎日に、
小さな幸せを少しずつ。

ただいま出荷中です。
(材料の関係であと数個のみ追加製造できます。)



この上なく贅沢な発酵菓子
「シュトレン2015」

 ホール  ¥3500- (ホールは、ギフトパッケージ、オーナメント、クリスマスクッキー付特別パッケージ)
 ハーフ  ¥1750-
 

  空色cafe.10周年のオリジナルシュトレンは、会津のいいものを採り入れたより味わい深いものになりました。

 有機レーズンと自家製のいよかんピールは、華やかで芳醇な『天明 焔HOMURA 山廃仕込』(曙酒造)に漬け込み,よりフルーツの美味しさを引き出しています。
 発酵生地は、国産小麦粉、醗酵バター、有機スパイス『娘のための卵』(やますけ農園)『べこの乳』(会津中央乳業)を使い、酒粕から起こした酵母で風味豊かになりました。
 生地で包まれた自家製マジパンは、有機アーモンドプードルに『山くるみ』(西会津産)の野性味を加え『栃はちみつ』(松本養蜂総本場)で練り上げました。
 
 クリスマスを待つ期間、少しずつスライスしてお楽しみください。ひと口ひと口に素材の味わいを感じらます。

※1個 約450g
※賞味期限1ヶ月以上



posted by 空色cafe. at 11:06| Comment(0) | 特別なお菓子

2015年10月24日

ハロウィンクッキー

ここしばらく仕事仕事仕事と早朝から深夜までお菓子の世話ばかりで、
私の頭がパンク寸前、
一番の働き者の右手が悲鳴をあげていて、
もうまったくかまってもらえなくて息子がすねている・・・

とほんのいっときですが、
今日は、家族と裏磐梯へ紅葉ドライブに行ってきました。
(といっても、納品まわりしつつ・・・)

目的地は小野原湖そばの自家焙煎MOTO COFFEEさん。
選び抜かれた個性のスペシャリティコーヒーもいいし、
お店から磐梯山の偉大な後姿がどーんと眺められるし、隣の池もいい感じ・・・と借景も格別。
帰りに立ち寄った道の駅ばんだいでFROS HERBAさんのラディッシュもお土産に買えました。
息子もたっぷり遊んで、夫もたっぷり遊んで、私もたっぷり遊んで・・・いい一日でした。



さて、今日納品していたのは、
秋のお菓子たち。

20151023.jpg
手前の籠に入っているのハロウィンのクッキーです。

玄米粉が入っていてさくっとしています。
卵、乳製品、膨らし粉(重曹及びベーキングパウダー)も不使用で、
甘みは有機メープルシロップでつけています。
小さな子どもさんにも安心して召し上がっていただけます。
コウモリ型のものには、ココアを使用していますので、カフェインが気になる方はお避けください。

現在、三島町内の取扱店、道の駅あいづ、バスカフェ、JA直売所まんま~じゃに置いています。


他、あんのお茶会、きなことお米の仲良しクッキー、クロッカンショコラなどの
秋冬限定の製造も再開しています。

季節のサブレ「ナッツサブレ」と
季節のパウンドケーキ「いちじくの秋仕立てケーキ」の製造はそろそろ終了します。


時々種類が変わっていますので、
チェックしてくださいね。



posted by 空色cafe. at 00:04| Comment(0) | 特別なお菓子

2015年08月31日

Raw Sweets

この夏は、めいいっぱい満喫しました。
あっちこっちに出店させていただき、
夏旅にも出かけ、
ちょっとくさ畑の世話はおろそかになってしまったようでもありますが、
夏らしく過ごせました。
酷暑といわれていましたが、
わが家はなんと、扇風機すら出しませんでした。
しっかり汗をかいて体温調節できたのがよかったのかしら。
冷たすぎる食べ物もあまりくちにしなかったので、
だれも夏バテもしませんでした。


そして、
もう夏の暑さは影もひそめ、
すぐにでも雪がふってきてしまうのではないか・・・とそんな気分になってしまっています。


8月30日は、
ヨガマルシェに出店しました。
そこで特別に作ったのが「非加熱食品」でつくるロースイーツ。
非加熱ですので酵素が生きたまま身体の中に届きます。
寒い時期の大量摂取は、身体が冷えるかもしれないと思いますが、
夏の終わりならいいのでは・・・と作ってみました。


20150830ロースイーツ.jpg

上から
「キャロブのチアシードプリン」
ヘーゼルナッツミルクでチアシードを膨らませてジェル状にし、
キャロブで風味付け、アガペシロップで甘み付けしました。
カシューナッツクリームを載せてコクを出しました。


右下
「ブラウニー」
胡桃とカカオパウダー、デーツの甘み、天日塩で引き締めました。
濃厚です。


左下
「ドライフィグドーナツ」
ロースイーツなので、もちろん揚げていません。
アーモンド、カカオパウダー、ドライフィグ(いちじく)とローハニーの甘み、
天日塩で引き締め、
ココナッツファインをまぶしています。


はちみつと天日塩は有機認証ありませんが、確かなもの。
他は有機認証のものを使っています。

今まで、私の興味の範囲内で作って食べていましたが、
今回はレシピを整えて作りましたので、
なかなかいい仕上がりになりました。



ヨガのイベント出店とともに
面白い経験になりました。

声をかけてくださったFukushima Yoga Projectの皆様ありがとうございました。


posted by 空色cafe. at 00:00| Comment(0) | 特別なお菓子