2017年05月13日

有機ココアのメーカー及び産地が変わりました

ココアの変更.jpg


これは、空色ココアサブレの生地。

今回のロットから原料の有機ココアが変わりました。

今まで使っていたフランス・カオカ社の有機ココアが入手できなくなったためです。
原産地のエクアドルでのカカオ豆の不作によるものと聞いています。

他のメーカーの有機ココアに変更しました。
製造方法も産地も変わると味がガラッと変わります。
今までより、色が薄く味がマイルドになっています。

空色cafe.では、
可能な限り有機栽培のもの、自然栽培のものを選んでいます。
よって、毎年素材の味が変わります。
今回のように、不作で産地が変わると、全く別物のように変わります。

それは、当たり前のこと、
安全なものである農産物のひとつの特徴だと捉えてくださいませ。

なぜかといいますと、
大手メーカーの一般のものですと、
毎年確実な収量を必要としますので栽培に大量の農薬や化学肥料を使います。
遺伝子組み換え技術も。
また、均一の味、色にするため、
漂白、脱色、着色、酸化防止剤を使います。
見た目が鮮やかで美しいドライフルーツが分かりやすい例です。

紅茶も酵素で渋みを緩和させる(取り除く)とのことです。


今回はココアの変更で商品の色も大分変わりますので、
お知らせしております。

よりよいものをお届けしたく、日々、素材を試して、変更もします。
こんな理由ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 空色cafe. at 20:58| Comment(0) | 素材のこと

2016年12月17日

ドライフルーツの洋酒付け用ラム酒

森の宝石箱(フルーツケーキ)や
ベラベッカ(アルザスのクリスマス菓子)などに使う、
ドライフルーツの洋酒漬けには、
現在(2016年)、
無農薬栽培されたラム酒を使っています。
漬け込むドライフルーツが、
自然な有機栽培のものであるから、
洋酒ももう少しこだわりたい!
と使っています。

20161217ラム.jpg


(以下商品紹介より)
チベットを源流とする大河メコンの肥沃な大地で無農薬栽培されたさとうきびは、
風味を失わないように刈り取り直後に絞られ、即発酵、
その後単式蒸留器で蒸留、熟成の後瓶詰めされます。
味わいはフルーティーでフローラル、
思いのほか飲みやすくさとうきび絞り汁の自然の風味が100%生かされた味わいです。
posted by 空色cafe. at 21:06| Comment(0) | 素材のこと

2016年08月15日

かき氷シロップ

20160815かき氷シロップ.jpg

今日までイベント『盆カフェ』(三島町早戸温泉・つるのIORIカフェ)で、
かき氷屋をしています。

空色cafe.のかき氷シロップと言えば、
てづくり!

今回もさらに特選素材で作っています。

いちご(左)は、愛知県の自然栽培のもの。
文句なしにおいしい!
(でも、来年はぜひ地物のNさんちの無農薬栽培のいちごを手に入れて作りたいです。)

(中央)は、福島市あんざい果樹園の低農薬栽培あかつき。
甘さのバランスがよく、後味もいい!

メロン(右)は、西会津町のDana VIllageの無農薬・無化学肥料栽培飯豊メロン。
かなり貴重なもので、おいしいのですよ!


美味しいだけではなく、
心と身体にやさしくて、
本当にいいものを伝えたいという気持ちがあるので、
ついつい素材にはこだわってしまいます。


シロップの作り方も、
進化させてよりよくしています。

果物のフレッシュさを残したいので、
ジャムのように強火で煮詰めません。

着色料や保存料、香料も使わないので、
生の香りを生かして仕上げています。

私も作ってみたい!
うちで再現したい!
方は、
こっそりお店で聞いてくださいね。

簡単で、おいしいものが自宅でもつくれますよ。

ただし、この作り方だと、
美味しいものからしかできません。
ごまかしが効かないのでご了承くださいませ。

posted by 空色cafe. at 09:44| Comment(0) | 素材のこと