2017年09月30日

太白ごま油からなたね油へ

材料の変更のお知らせです。

P1180428.JPG

今まで使用していた太白ごま油をすべてなたね油に変更します。
より身体に負担の少ない(アレルギーを起こしにくい)ものにしたいと思います。

理由は下記の通りです。
***************************************************************************************
「油」はバランスよく、少し控え目で摂取するのがいいと思いますが、
お菓子作りにはどうしても欠かせず、少なすぎると美味しいものもできない。
そこで、質と種類を厳選することにしました。
もちろん、昔ながらの製法で化学薬品を使わないものであることが、とても大事です。

ごま油は、オメガ6系の油で採り過ぎると、アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める作用があります。
もっとも、身体に負担の少ないのが、エゴマ油などのオメガ3系(アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張作用。オメガ6系と拮抗の関係)ですが、高価です。
そこで、オメガ9系で加熱にも強いなたね油を選びました。オリーブオイルもこちらに入ります。
***************************************************************************************

今まで使用していた太白ごま油も、一切化学薬品を使用しない圧搾式のもので、農薬の心配もなく、酸化しにくく良質なものでしたが、どうぞ、変更にご理解くださいませ。

ということで、
今週より順次変わっています。

写真のこどもクッキーにつきましては、
太白ごま油からなたね油へ
国産小麦粉から無農薬栽培小麦粉(日本エゴマの会ふくしま)へ
と材料の変更が2つあります。
小さな子どもさんにも食べて欲しいとつくったものですので、
より身体への負担を少なくした次第です。
食感が少し固めになっている気がします。
よく噛んで食べてくださいね。

posted by 空色cafe. at 18:28| Comment(0) | 素材のこと

2017年05月13日

有機ココアのメーカー及び産地が変わりました

ココアの変更.jpg


これは、空色ココアサブレの生地。

今回のロットから原料の有機ココアが変わりました。

今まで使っていたフランス・カオカ社の有機ココアが入手できなくなったためです。
原産地のエクアドルでのカカオ豆の不作によるものと聞いています。

他のメーカーの有機ココアに変更しました。
製造方法も産地も変わると味がガラッと変わります。
今までより、色が薄く味がマイルドになっています。

空色cafe.では、
可能な限り有機栽培のもの、自然栽培のものを選んでいます。
よって、毎年素材の味が変わります。
今回のように、不作で産地が変わると、全く別物のように変わります。

それは、当たり前のこと、
安全なものである農産物のひとつの特徴だと捉えてくださいませ。

なぜかといいますと、
大手メーカーの一般のものですと、
毎年確実な収量を必要としますので栽培に大量の農薬や化学肥料を使います。
遺伝子組み換え技術も。
また、均一の味、色にするため、
漂白、脱色、着色、酸化防止剤を使います。
見た目が鮮やかで美しいドライフルーツが分かりやすい例です。

紅茶も酵素で渋みを緩和させる(取り除く)とのことです。


今回はココアの変更で商品の色も大分変わりますので、
お知らせしております。

よりよいものをお届けしたく、日々、素材を試して、変更もします。
こんな理由ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 空色cafe. at 20:58| Comment(0) | 素材のこと

2016年12月17日

ドライフルーツの洋酒付け用ラム酒

森の宝石箱(フルーツケーキ)や
ベラベッカ(アルザスのクリスマス菓子)などに使う、
ドライフルーツの洋酒漬けには、
現在(2016年)、
無農薬栽培されたラム酒を使っています。
漬け込むドライフルーツが、
自然な有機栽培のものであるから、
洋酒ももう少しこだわりたい!
と使っています。

20161217ラム.jpg


(以下商品紹介より)
チベットを源流とする大河メコンの肥沃な大地で無農薬栽培されたさとうきびは、
風味を失わないように刈り取り直後に絞られ、即発酵、
その後単式蒸留器で蒸留、熟成の後瓶詰めされます。
味わいはフルーティーでフローラル、
思いのほか飲みやすくさとうきび絞り汁の自然の風味が100%生かされた味わいです。
posted by 空色cafe. at 21:06| Comment(0) | 素材のこと