2005年07月22日

観察、考察(旧)

空色農園の観察。
どの葉っぱが虫に好まれるか。
水菜、カブ、オクラ、赤シソ、キャベツ、えごま、バジル、レ
モンバーム(壊滅状態もあり)。
どの葉っぱに虫がつかないか。
ミント各種、チコリ、タイム、ヒソップ、とうがらし、ルピナ
ス、どくだみ(無傷のものばかり)。
空色農園周辺のキク科のものは虫にやられていない。
畑に植えたものは虫の被害が大きい。
植木鉢、プランターに植えたものはカラスのいたずらも多い。

空色農園の観察による考察。
スースーするもの、苦いもの、スパイシーなもの、臭いものに
は虫がつかないようだ。→畑に植えるものはこのようなもの、
キク科のものに絞る。
人にもクセがなく食べやすいものはプランターに植えて、テラ
スで育てる。カラスのいたずらを避けるため、手立てを練る。
(先日つくったどくだみ団子は、虫駆除にはならず、その前に
すべてカラスのごちそうになっていました。)

畑3年生は少し、考えるようになってきました。
posted by 空色cafe. at 20:00| 空色農園

2005年07月17日

デンバラ虫(旧)

デンバラ虫でした。
畑の葉物を食い尽くしているのは。
畑中いるこの虫、
野菜づくりの本では、ウリハムシ(もしかするとウリハムシモ
ドキ)と紹介されています。

そして、三島町では、毎年「虫送り」という伝統行事の日に、
子ども達によって集められ、ムラの端で燃やされる虫でした。

・・・納得。
私もこの虫送りたいかも。
(おねがいだから、食い尽くさないで!殺虫剤は撒かないから
、どこかに行って!)

三島では、むかしから害虫だったんです。

で、どうしましょう、
このままでは空色農園の危機です。
posted by 空色cafe. at 20:00| 空色農園

2005年07月14日

自然農薬(旧)

空色農園の葉っぱものの虫食いが激しいので、自然農薬を作っ
て散布することにしました。

どくだみとスギナを煮出して、酢酸と粉石けんを混ぜて散布し
ました。
酢は、植物の元気の元にもなるそうです。

・・・でも、コガネムシの小さいのにはそんなに効かないよう
です。(本のとおりなら、すっぱいのはいや!と逃げていくと
のこと。)

明日は、どくだみだんごをつくって見ようと思います。
結果はのちほど!



話は少しかわります。
先日、葉の食害の相談を「プロ」にしたところ、これが効くよ
と、白い粒粒をいただきました。が、よく話をきくと、決して
素手では触ってはいけない(素手で撒くとしびれてくるそう)
とのこと。・・・危険な農薬でした。人間が触っただけでしび
れるんだもの、小さな虫になら、そりゃ効くでしょう。でもで
も、話は続いて、化学肥料はもっと怖いとのこと。とてもじゃ
ないけど、使えないから、有機質の多いものを使うとのこと。
・・・やっぱり私には、そんな農薬や化学肥料は使えません。
そして、大量生産の市販されている普通の野菜も買えません。
虫たちとなんとかうまくやっていける方法をゆっくり探そうと
思います。
posted by 空色cafe. at 20:00| 空色農園