2018年02月15日

自家製こんにゃく練習中

明日はおでんの予定。
ということで、こんにゃくを作りました。
P1180965.JPG

秋に収穫した芋とホタテ貝殻焼成パウダーを使った手作りこんにゃくです。
コンニャクイモ収穫.jpg

前回、芋を剥いて冷凍してあったもの500gから、
鍋いっぱいにできました。

10日ぐらいはもつらしいので、
ゆっくり刺身こんにゃくなどでも楽しみたいと思います。

将来的には、
野菜とこんにゃく料理のおいしい農家民宿みたいな感じになれるといいな。

2018年02月06日

自家製コチュジャン完成

年末に仕込んだ自家製のコチュジャンが完成しました。
P1180856.JPG

揃えられるだけいい素材を使った、
ほぼオーガニックのコチュジャンです。
わが家で一番あったかいところに置いておいたので、
熟成すすんでおいちくなっていました〜♪

自然な甘みと絶妙な辛さ、たまりませんw

さっそくビビンパでいただきました。

ビビンパは、わがやにある材料でつくったので、
本格的でないですが、
内容的に、100点満点をあげたいです(笑)

P1180857.JPG

ちょうど、在来種、固定種の自然栽培野菜もあったので、
(黒田五寸人参、しゃくし菜、長崎赤かぶ)
「種市」帰りとしては感無量。
もちろん、自家製キムチものせましたよ〜

※材料は、有機カイエンペッパー、有機パプリカパウダー、有機麦芽、マルカワ味噌豆麹、大江ファーム有機もち米、自家製米あめ、天日塩、玄米焼酎、有機黒糖と自然栽培梅の自家製シロップです。
ゆくゆくは、自分で育てた唐辛子、大麦(麦芽)、大豆(豆麹に加工)、もち米、梅などで作れたらいいなという遠い未来の妄想付です。

2018年02月01日

種取り

私の理想の百姓のスキルのひとつが「種取り」

可能な限り「在来種」や「固定種」の種を土に下ろして、
作物を育てて、
その種を継いで行きたい。

P1180836.JPG

まだ、カボチャとか豆とか紫蘇とかミニトマトとかがやっとですが、
いろいろ・・・ね。

今週末は、
種取り農家の岩崎さんのお話を聴いて来ます。
以下「種市」ウェブサイトから
********************************
長崎・雲仙で50種を超える種の自家採種を行いながら農を営む岩崎政利さん。農業の近代化を背景に消え失せようとしている種をどうやって守り、次代へ受け継いで行こうとするのか。

第一部では、岩崎さんの種を継ぐべく地元の若手農家を中心に結成した「雲仙 たねをあやす会」の取り組みを紹介。
第二部では岩崎さんから、岩崎さんの種に対する想い、そしてこれからの農の在り方について、お話を。そして第三部では、全国の若手採り農家と岩崎さんの対話の時間を取りたいと思います。

第一部|「雲仙たねをあやす会」の活動報告(話:奥津爾)
第二部|岩崎政利さんのお話
第三部|岩崎政利さんと若手種採り農家の対話
********************************

もちろん、
「ファーマーズマーケット」で在来種・固定種の冬野菜を買うのも、
「フード」コーナーでナチュラルワインと古来種野菜のテロワールを楽しむのも・・・ね。