2019年03月01日

カカオ豆の焙煎からのカカオニブ作りWS(グループレッスン)

本日は、猪苗代のローフード教室 rawhanahoをお借りしての、カカオニブ作りWSを開催してきました。
昨年、rawhanaho・森さんの「物々交換ローフードレッスン」を受けました。
私は米粉のおやつと今日の「カカオニブ作りWS」を交換の品とした訳です。
せっかくなのでプライベートWSではなくて、森さんの呼びかけで集まった方々でのグループWSになりました。



チョコレートの原料のカカオ豆は、収穫後発酵させて、美味しさの素と香りの素を引き出します〜の話から、一般のBean to Barのつくり方、産地の話などをしました。(「醸し部」としての導入♪)

熱帯で採れたカカオ豆は、やはり熱帯の細菌や汚れなども気になるので、50℃洗い後焙煎。
2人1チームで15分間頑張っていただきました。

粗熱がとれたら、皮を剥いて完成。

焙煎したてのカカオニブ2種と、たまたま持っていたペルー産有機ローカカオニブの食べ比べタイム。

森さんの即興スムージーにカカオニブを散らして、さらに試食。

私が持参したBean to barも食べていただきました。

みなさま食に関心が高いだけあって、道具の話なども話題は尽きず・・・
楽しい学びのひとときになりました。

ご参加ありがとうございました。

※WSや講座は4名様以上で、随時開催します。ぜひ呼んで下さい!


posted by 空色cafe. at 21:45| Comment(0) | 醸し部

2019年02月28日

絞り立て酒粕からの豆乳ヨーグルト完成


先日の絞り立て酒粕から豆乳ヨーグルトを作りました。

日々の醸し部です。


ほんのひとかけあれば、

天然の植物性乳酸菌からヨーグルトができます。

消毒済みの瓶に、
ひとかけらの新鮮な酒粕と豆乳をいれて、
ふたをしてから軽く振り、

少し温かいところに放置。

最初は2日ぐらいかかって、固まります。
固まったものをキレイなスプーンでひとさじすくって種にすれば、

かけついでずっと豆乳ヨーグルトをつくることができます。

夏場は半日も室温に置いておけば完成しますし、

冬場でも1日ほどで完成します。
牛乳からつくるヨーグルトのように保温しなくても大丈夫。

臭いと感じた時、ぴりぴりしすぎる時は、

更新した方がいいです。

posted by 空色cafe. at 22:29| Comment(0) | 醸し部

2018年12月14日

12月14日・16日 醸し部 vol.2 絶対失敗しないみそ作り と 塩みりん仕込み

みそ作りタイトル.jpg
※12月9日、申込を締め切りました。ありがとうございます。

醸し部公開部活動です。
11月に喜多方市で開催して好評でしたので、
今度は会津若松市でも開催します。
さらに、午後は塩みりんの仕込みもしてみましょう。
今回も、会津の特選素材、空色cafe.のおススメ素材を集めて作ります。



『絶対失敗しないみそ作り』


みそって、つくりはじめるとほんと楽しいのです。
美味しいから楽しいのか、
愛おしいから美味しいのか、
どっちもです。
小ロットなので、気軽に作れて、
桶やカメもいらないので、
初心者でも始めやすい。
会津の特選素材を使います。
(会津産有機米の麹、自然栽培ひよこ豆、無農薬栽培の大豆、天日塩)
1kg×2種類お持ち帰り
(白味噌タイプひよこ豆みそ、大豆のみそ)



『(塩)みりん仕込み』


みりんって作れるの?
はい、おいしい素材を混ぜて寝かせるだけで出来ます。
美味しい素材を個人で集めるのは大変。
それじゃ、みんなで仕込んでしまいましょう♪
絶品のみりん粕も味見しちゃいましょう。
(会津産有機米の麹、会津産有機もち米、無農薬栽培玄米焼酎)
ガラス瓶に入れて、仕上がり1L分お持ち帰り
追加で作りたい場合は、1L分に付き+2500円(材料費)


【日時】 
 2018年11月14日(金)16日(日)
 10時ごろからみんなでつくる
 11時30分ぐらいから、みそをつかった軽食
 12時ぐらいには片付け終了、午前の部解散
 13時ごろから塩みりん仕込み
 13時30分ぐらいから、講師が作った3年熟成みりんのおやつ試食
 14時ぐらいには片付け終了、解散

【場所】
 会津若松市みんなのアトリエコンフォート 

【定員】
 午前、午後とも 最大5名
 必ず参加表明をして下さい。
(ポチ、だけではなくて、コメント下さい。)

【参加費】
 1人1講座 4500円(みそ、塩みりんともに参加の場合は9000円)
(自然栽培、有機栽培など特選素材のみでつくるので、材料費が高いのでご了承下さい。)
(塩みりん希望の方で、1.5〜2L入りのガラス瓶を準備できる方は参加費から1000円引きになります。申込時にご連絡下さい。)
 こどもさんの参加可能です。
(その場合は大人と一緒で1組で換算します。軽食が追加で必要な場合は別途)

【準備するもの】
 エプロン
※特別な道具も要りません。樽などの容器も必要ありません。

【申込方法】
1.1部、2部、両方 を選んでください。
2.お名前
3.参加人数
4.当日も連絡できる電話番号
これらを記入の上、主催者の空色cafe. 齋藤 真弓 (Mayumi Saito)までメッセージまたはメールsorairo@sorairocafe.jp(@を半角@に替えて送信)をください。主催者からの折り返し連絡で受付完了になります。

※今回はみそ作りは、圧力鍋で軟らかくした豆をつぶしますので、とても簡単にできます。
塩と麹を混ぜ込むのも難しくないし、楽しくて簡単!
「なーんだ、うちでもできるわ♪」と思っていただけるように開催するので、安心してください。

※子どもの手には良質の乳酸菌も住んでいますので、いっしょにまぜまぜ、こねこねすると楽しいと思いますよ。

※あまりにも簡単すぎるので、レクチャーというよりは、コツをお伝えするぐらいです。いい素材をつかうとやはりおいしいので、材料費の分、ちょっと高めですが、ほんと美味しくできるので楽しみにしてください。

※午前のみそ作りでは、講師が仕込んだおみそ数種類の味見もできます。(ひよこ豆みそ、10年ぐらい熟成玄米みそ、ピーナッツみそ、レンズマメみそ、金時豆みそ・・・)

※午後の塩みりん仕込みでは、講師が仕込んで熟成させたみりんの味見もできます。

【キャンセルポリシー】
オーダーの米麹、他の材料の手配の関係で、5日前以降はキャンセル料が発生します。

posted by 空色cafe. at 00:00| Comment(0) | 醸し部