2018年11月26日

11/26 ◎りのべ部◎ 額のエイジングペイント(再募集)

りのべ部1回目の部活動は、
家の奥で放置されていた賞状を入れていた額を、
みんなに見せたくなる素敵なアイテムにリノベーション(再生)させちゃいます。

額02.jpg

額01.jpg

講師: Nest ko.to.ri garden
場所:喜多方市予定
定員:6名程度
参加費:3500円
※締め切り 11月19日(月) キャンセルが出たため再募集中

賞状を入れていた額や、もうつかわない額などを素材に
フレンチカントリーのインテリアになりそうな額を仕上げます。
クリスマスの装飾にもぴったり。
大きい額
小さい額
鏡付額の3点お持ち帰りできます。
塗料も安全なアニースローンチョークペイント(※注1)使用。

空色cafe.の軽食付
(クリスマス前のテンションが上がるスイーツまたは、キッシュにしたいな。)

【申込方法】
1.額のエイジングペイント
2.お名前
3.参加人数
4.当日も連絡できる電話番号
これらを記入の上、主催者の空色cafe. 齋藤 真弓 (Mayumi Saito)までメッセージまたはメールsorairo@sorairocafe.jp(@を半角@に替えて送信)をください。主催者からの折り返し連絡で受付完了になります。

※注1 炭酸カルシウムを主成分とした身体に優しい水性ペイントで匂いもなくすぐに乾きます。素材を選ばず、面倒な下処理もいらない英国生まれのアニースローンチョークペイントです。
posted by 空色cafe. at 00:00| Comment(0) | りのべ部

2018年11月11日

《りのべ部 自主練・キッチンタイル貼り その2》

りのべ部自主練、第一弾、
養生から延べ1週間かかって、
なんとかやっとこそれっぽくなりました。



部員も駆けつけてくれて、
途中、小騒ぎしながら、
なんとか、出窓の木の部分に接着。
(貼りなおしが結構むずかしかった)

111101.jpg
111102.jpg
111103.jpg



そして、貼りおわったあとに、
影の総監督?(夫)からのダメ出し。
ぎゅうぎゅうに貼っていったので、
「目地材がきちんと入っていないと、
 タイル下に水が周って漏れるよ・・・」
「・・・・・・」



翌日、目地材埋め込み
昨日の夫の発言にめげずに、
(めげたところで、どうにもならない状況だし)
目地材押し込んでいきました。

ネットで見たDIY体験談での想像より、
難しいです。

真夏じゃないから急がなくて大丈夫と思ったのに、
速乾セメントを使っていないはずなのに、
どんどん乾いていきます・・・。

111104.jpg

目地も、なめらかじゃないし。

が、プロが見なければ、
(水が漏れなければ)
それっぽいです。
そもそも出窓は好きじゃないので(爆)
ダメだったら、
(予算ができたら)
やり直しましょう(もしくは出窓をなくしましょう)。



とりあえず、
経験値UP。
次こそは、うまく出来ると思います。
posted by 空色cafe. at 00:00| Comment(0) | りのべ部

2018年10月31日

《りのべ部 自主練・キッチンタイル貼り その1》

小さな暮らしを自分で作りたい。
古くて愛すべきものは、永く寄り添いたい。

大草原の小さな家の父さんみたいに、
木を切り出すところから家はつくれないけど、
こつこつリノベーション(再生)はできるかも。

ということで、
『りのべ部』つくりました。
自主練は暮らしの合間に楽しみながらやっていきます。

初めての公開部活動はこちら。
11月26日(月)
◎りのべ部◎ 額のエイジングペイントws
https://www.facebook.com/events/178163939757614/
不良在庫になっている、ほこりをかぶっている賞状の額などを、
フレンチアンティークのように変身させます。

そして、きのうの自主練はこちら。
posted by 空色cafe. at 08:34| Comment(0) | りのべ部